学生ローンのキャッシングLike
 
ホーム
学生ローンの評価・評判
アフリエイト客の審査
申し込みの注意点
クレームについて
プライバシーポリシー
学生ローンワールド
学生ローンの概念
キャッシングについて
キャッシングワールド
 
学生ローンのキャッシングLike

学生ローンとは・・・

学生ローンとは、消費者金融の一種で学生を専門に貸し出しをする貸金業者である。
そのルーツは1960年代後半、異なる分野での業種から「副業」という形で派生した。
異なる分野とは、不動産・ゴルフ会員権の販売・社会人向けキャッシング等である。
学生ローンの国内初となる専門店は、東京都新宿区高田馬場で設立された。
それまでの学生における消費者ローンは、一般のサラリーマンが利用する消費者金融を利用するしかなかったが、収入の見込みがないことからほとんどの学生はキャッシングをすることができなかった。
そんな最中での学生ローンの誕生は、学生達にとっては正に救世主的存在となったのである。しかし、当時の貸し付け方法は店頭での手渡しでしか融資を受けることができなかった。
その為、関東近郊在住者のみにしか利用できないという欠点もあり、地方在住の学生にはあまり知られる存在ではなかった。


振込みキャッシングとインターネットの普及

当時あまり知られていなかった学生ローンだが、次第に振込みキャッシングを取り入れるようになり、遠方在住者でも融資を受けることが可能となった。
そもそも学生時代は東京に住んでいても、やがて就職し、地方勤務となる需要者が利用できなくなるという問題もあり、利用者達からの要望が多く寄せられ実現したサービスである。
だが、所詮一度は店頭で会員登録をしなければならないという、地方在住者にとっては事実上借りることができないという問題は相変わらず残った。

〜1989年頃、新規のテレホンキャッシングがはじまる〜
昭和から平成へと時代が移り行く丁度その頃、学生ローンでは新たに新商品を開発する。
新規でも電話で申し込みが受けられるサービスである。
「テレホンキャッシング」として、新規顧客拡充の起爆剤として期待された。
キャッチコピーも次々と考案され、「電話1本でスピードキャッシング」とか、「家にいながら楽々キャッシング」といった宣伝文句が使われるようになった。

〜厚く高い広告の壁〜
しかし学生ローンの思惑は不発に終わった。
商品を開発しても、その存在を知らしめる術がなかったのである。
当時の広告といえば電話帳ぐらいで、その他はテレビのコマーシャルが考えられるが、資本力の面で到底叶うものではなかった。
電話帳広告にしても全国版に掲載すると年間400万円強の費用が掛った。
費用対効果という意味で電話帳広告は戦力とはならず、結局長い間野放しの商品となったのである。

〜1998年、Windowsの発表でインターネットが本格的にはじまる〜
この時代になってようやくインターネットという今までにないメディアが誕生した。
パソコンも爆発的に売れ、Webマーケティングの将来性は誰もが疑わない可能性を持つものとして期待された。
2005年にはe-コマースという新語が現れ、もはやインターネットビジネスは企業にとって欠かすことのできない必須ツールとなった。

〜長きに渡って眠り続けた「振込みキャッシング」がついに目覚める〜
インターネットの普及により、これまで費用対効果において長きに渡って眠り続けた「振込みキャッシング」についに火がついた。
電話帳やテレビCMと比べ、費用は格段に安く抑えられ、かつ特定のキーワードでユーザーを確実に絞り込むことのできるe-コマースの本格稼動によって、地方在住の学生と学生ローン会社との間に、ネットワークというパイパスができたのである。
これによって振込みキャッシングは確実にメジャー商品と化した。

以上、今回は学生ローンの発展とe-コマースについて特集してみたが、サブページではその他の話題について検証したいと思う。